エネマネハウス

出典:エネマネハウス2015 関東学院大学作品

「学生が考える、将来の家」をテーマに、5つの大学が民間企業と連携して先進的なZEH(ゼロエネルギーハウス)のモデルハウスを建築・展示するイベント「エネマネハウス2015」が、横浜・みなとみらい地区の会場で開催されました。

今後家作りを考える方には、参考&勉強になるアイディア満載の展示会になっていると思います。ぜひエネマネハウスHPを覗いてみてください。
(参考) ⇒
エネマネハウス2015HP

せっかくですので、今年の受賞作品の中で個人的に「素晴らしい!」と思ったアイディアを紹介したいと思います。

関東学院大学「グリーンハット2030」

関東学院大学作品

関東学院大学が考えた「グリーンハット2030」は、屋上部分が日除けを兼ねた太陽光パネルなどの創エネシステムを備えた庭園(菜園)になっています。

特に、夏場は緑のカーテンを屋根で行なうことになり、家全体が太陽光線により熱せられることを防いでくれる効果がありそうです。屋根に太陽光をドーンと乗せる以上に、エコな見た目になりますよね。

また、「庭が狭く庭園が楽しめない。」という方にとっては目からウロコのアイディアなのではないでしょうか。家族で屋根に登って、庭いじりとか何とも楽しそうです。

山口大学「やまぐちさんの風の家」

山口大学作品

山口大学が考えた「やまぐちさんの風の家」は、
建築のかたちを追求することで、自然採光や自然換気の効果を最大化し、照明や冷暖房等、日常生活における住宅設備への依存度を極限まで下げ、複雑且つ高価な省エネ設備に頼った省エネ住宅から脱却します。
という、非常にシンプルなコンセプトで作られています。確かに、いくらゼロエネルギーといっても最先端に機器を導入するために何十万円、何百万円もコストが掛かるのが現在の住宅事情ではないでしょうか。

この問題を住宅の形で解決できるとしたらとても素晴らしいことだと思います。自然エネルギーを効率よく使うことができる家はとても魅力的だと感じました。

これからの家作りはエネルギー問題と切り離せない

931d43988465f861f59abdc61cb383aa_s

2030年という約15年後がテーマとなっているエネマネハウスですが、どの作品を見てもエネルギーとどう向き合うのかがアイディア&評価のポイントになっています。

これからの家作りにおいては切っても切り離せない問題なのでしょうね。これまではどちらかというと、住みやすさや災害への強化が求められてきたように思います。これらは日本の建築業界が長い年月を掛け、ある程度完成形に近づけてきているのかもしれませんね。

これから家作りをされる方は、ライフスタイルに合ったZEH住宅を目指してみてはいかがでしょうか。
スポンサーリンク

家計管理Blog集
▶ 他の家庭の収入や家計簿を覗いてみませんか。節約主婦&サラリーマンのお金ブログは必見

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ家づくりBlog集
▶ 積水ハウスでの家づくり注意点・お金のこと・Web内覧会など、積水ハウスオーナーさんのブログは必見


応援クリック
▶せっかちパパのやるしかない!を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

トラックバック