SHEQAS

わが家は延床面積約40坪(正確には39.28坪)の住宅で制震構造をシーカス仕様にグレードUPしました。

本日は、そのお値段を公開したいと思います。

SHEQAS(シーカス)の価格

わが家はオプションにて、構造躯体を耐震から制震へとグレードアップしました。そして、そのお値段は…

300,000円

でした。このオプション価格を高いと判断され、耐震のまま住宅を建築される方がいらっしゃるようですが、熊本地震のように大規模地震が繰り返し発生する地震を見る限り、決して高い買い物ではないように思います。

SHEQASの価値
大規模余震が続く熊本地震|地震に強い家ってなに?積水ハウスが制震システム「シーカス」に込めた思い

シーカスは建坪はもちろん、家の形から適切な位置に配置されます。そのため、我が家のケースはあくまで参考程度にして頂きたいと思います。

制震システムより安全!?免震システムのお値段

私が家を建てようとしたのは、東北地震の後だったため、地震に絶えうる家を第一条件にしていました。

そのため、地震への対策最上位クラスに該当する「免震システム」についても見当を重ねていました。

当初は一条工務店で家を建てる予定だったため、一条工務店の工場で免震システム体験もさせていただきました。一条工務店の免震システムはとても優れており、震度7クラスでも家の中はほぼ揺れることはありません。外壁が損傷することもないというのです。

一条工務店免震システムのお値段は…

2,400,000円

と言われた記憶があります。2013年当時で、家の建坪は35坪程度でした。

そのときに一条工務店営業マンに言われたこととしては、「免震システムの採用数は一条工務店が全国No.1を誇り、その価格も他社に比べると非常に安く設定してある。」ということでした。

実際、積水ハウス免震システムの価格は300万円を超えるお値段になるかと思います。

結局、我が家は一条工務店で家を建てることはありませんでしたが、一条工務店で家を建てるのであれば、免震システムを利用していた可能性が高かったと思います。

耐震・制震・免震システムで守りたいもの

c7a6ee27f3cf00b9a356cb5e4ecd81cb_s

地震対策システムは住宅メーカー各社がかなり力を入れて開発を行っています。未曾有の天災から我々の命・財産を守るシステムですから、お金に変えられるものではありません。

しかし、住宅を建てる際にはそのお金が重要になってくるのです。こうした地震対策システムの設置についてはもっと補助が手厚い状況になることを望みます。太陽光発電にあれだけ補助を手厚くできるのですから…

家を建てる際には守りたいものと費用を考え、納得いくシステムを導入できることを願っています。
スポンサーリンク

家計管理Blog集
▶ 他の家庭の収入や家計簿を覗いてみませんか。節約主婦&サラリーマンのお金ブログは必見

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ家づくりBlog集
▶ 積水ハウスでの家づくり注意点・お金のこと・Web内覧会など、積水ハウスオーナーさんのブログは必見


応援クリック
▶せっかちパパのやるしかない!を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL