銀行通帳

わが家の銀行口座数

わが家が銀行口座&通帳の活用で実践していることを紹介したいと思います。

まず、わが家の銀行口座の数ですが、現在5つの銀行口座を所有しています。一時期は8口座くらい開設していた時期もありましたが、現在は必要最低限の口座数でお金を回しています。

家計でのお金の流れをシンプルに誰にでも分かりやすくするためには、銀行口座の活用方法はとても大切なことだと思っています。

それでは、わが家が銀行口座をどのように使用しているかを紹介したいと思います。
スポンサーリンク

わが家の銀行口座3つの活用術

わが家は銀行口座を使用する上で、次の3つのことを実践しています。
  1. 銀行口座の使用用途を明確にする
  2. 銀行のキャッシュカードは作らない
  3. 通帳に情報を書き込む
この3つを実践することで、無駄な出費を防ぎ、お金の流れをシンプルにかつ家族間で共有しやすくやりました。

それでは、詳細を説明します。

活用術その1 銀行口座の使用用途を明確にする

わが家が利用している銀行口座の使用用途は、次のようになっています。

口座A:
用途:メイン口座として使用
内容:会社からの収入・住宅ローン・カードからの引き落とし
口座B:
用途:貯蓄口座として使用
内容:貯蓄ようのためお金は絶対引き出さない
口座C:
用途:副業口座として使用
内容:会社の収入以外の収入はこの口座へ
口座D&E
用途:2人の子ども教育費貯蓄用口座として使用
内容:児童手当、幼稚園からの還付金、お年玉やお祝い金

ポイントは、お金の用途をはっきりさせ、使用ルールを家族観で共有することです。

わが家は、メイン口座Aに給料が入ると、妻がその日にその月の生活費と同時に、児童手当や還付金などを引き出します。児童手当等はすぐに口座D&Eへ入金しています。基本的にメイン口座からお金を降ろすことは月に1回のみです。

また、副業収入の口座を分けたことは非常に良かったことだと感じています。分けることであくまでも会社からの収入だけで家計のお金を管理することができています。放っておけば、口座Cにはお金が貯まっていく感があります。

活用術その2 余分なキャッシュカードは作らない

わが家は銀行口座のキャッシュカードを作らないようにしています。

通帳があれば、入金はできます。
引き出しにはキャッシュカードが必要(通帳のみで引き出せる銀行もあります)ですので、メイン口座Aのキャッシュカードは持っていますが、その他の口座は基本めったなことではお金を引き出しません。

通帳のみの場合、銀行の窓口にわざわざ出向く必要があります。めんどくさいシステムにあえてすることで、お金を引き出さないようにしています。

活用術その3 通帳に情報を書き込む

通帳に文字を書き込んでも良いことを知って以来、この方法を活用しています。
参考記事
「銀行への書き込み」で大切なことが見えてくる│銀行通帳の書き込み方法と注意点

特に、子供用口座C&Dにはごちゃごちゃと書き込みをしています。
これにより「あれ?このお金なんだたっけ?」がなくなります。本当におすすめですよ。

家族間でのルール徹底が成功へのポイント

4885882921_388eda7215_z

photo by RebeccaVC1
銀行口座の使い方ひとつで、大きな節約効果が生まれます。あれこれと無理な節約をしても続きませんが、銀行口座の活用術はルールを作り、徹底するだけです。

その時に大切なことは、家族全員がそのルールを守ることです。自分だけが実践していても効果は半減してしまいます。家庭のお金の流れを明確にし、口座ごとに目標金額を設定するなど、家族で話し合うことを大切にしましょう。

以上、わが家の銀行口座活用術を紹介でした。
スポンサーリンク

家計管理Blog集
▶ 他の家庭の収入や家計簿を覗いてみませんか。節約主婦&サラリーマンのお金ブログは必見

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ家づくりBlog集
▶ 積水ハウスでの家づくり注意点・お金のこと・Web内覧会など、積水ハウスオーナーさんのブログは必見


応援クリック
▶せっかちパパのやるしかない!を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL