家に帰れば、積水ハウスと住宅ローン!

「積水ハウス家作り」*「赤字家計脱出」*「幼児教育」に独自の目線で切り込みます!

カテゴリ:日常について思うこと

新年度を迎えるにあたり、課長職会議が行われました。何の気なしにまた新しいプロジェクトでも押し付けられるのかと、少々暗い気持ちで参加した会議でしたが、社長の思わぬ言葉に耳を疑ってしまいました。「わが社は経営上危機的な状況にある。」初め、何を言っているのか意 ...

昨年末から新しい業務が追加され、なかなか定時に帰宅することができなくなりました。休日出勤も常態化してきており、1か月間の休みは2、3日という状態です。わが社は休日出勤や残業には手当はつかず、あくまでも成果が上がれば報酬が上がる仕組みになっています。そんな頑張 ...

米国系大型スーパー「コストコ」が、わが町浜松市に2017年夏の出店を目指し、調整していることが分かりました。実現すれば、静岡県内初のコストコ進出となります。また、日本法人コストコホールセールジャパンのケン・テリオ日本支社長によると…出店場所など詳細については ...

2016年は私が社会人になって10年目の節目の年です。あっという間に過ぎていった社会人10年間を振り返りながら、間もなく迎える40歳に向け、自分自身の気持ちを整理してみたいと思います。こういった記事を書くのは初めてですので、いつも以上にまとまりなく、稚拙な文章にな ...

「最近、物を捨てられるようになったんだ。」昨日妻がこう言いながら子どもの洋服を捨てていました。そして、続けてこんな一言も…「断捨離するには、金銭的な余裕が必要だよね。」なんだか、妙に納得してしまいました。お金が貯まるにつれて、家から物が減ってきたこれまで ...

あけましておめでとうございます。昨年は当ブログをご愛読していただき、誠にありがとうございます。更新頻度にバラつきがあるブログで申し訳ありません。2016年も、仕事と家族と趣味を満喫しながら、ブログにも全力で取り組んでいきたいと思います。今年もどうぞよろしくお ...

今年部下という存在を持つことになったわけですが、まず初めに行ったことは飲み会の数を大幅に減らすことでした。私の職場ではこれまで週末になると反省会と称して飲みに行くという習慣がありました。私が現場を管理する立場になって、まず行ったことはこの飲み会をなくした ...

人間が想像できることは、人間が必ず実現できるこの言葉は「月世界旅行」を書いた、フランスの作家ジュール・ヴェルヌの言葉です。すばらしい言葉ですよね。本当にその通りだと思います。ここでいう「想像できる」とは、ただ漠然と思い描くだけではなく、強いイメージを抱け ...

世間で話題になっている相続問題ですが、わが家にもその波が押し寄せてきています。90歳近くなる祖母が持つ土地を孫である私が譲り受けていくことになったのです。私の祖父は非常にバイタリティのある人で、仕事に加え、株や不動産でかなりの資産を築き上げました。そして、 ...

私の妻のんびりママは、専業主婦暦はかれこれ5年半になります。それ以前は東京でOLを1年間、その後地元に帰り、そこそこ大きな企業で2年間働いていました。のんびりママが働いていた会社は、聞くところによると、2年も経てば採用者の7割が退職してしまう、そんなかな ...

↑このページのトップヘ