20170105153004
子供の教育資金はいくら貯めればいいのか。

どうやって貯めればいいのか。

子供が生まれたら必ず頭を悩ませる子供の教育資金を本気でシミュレーションし、その恐るべき金額を貯める方法について言及しました。

これでもか!っと詳しく書き上げましたので、どうぞ見に来てください。

参考記事
⇒ 【リアルでガチなシミュレーション】子供の教育資金は、いくら必要なのか!?

スポンサーリンク

家計管理Blog集
▶ 他の家庭の収入や家計簿を覗いてみませんか。節約主婦&サラリーマンのお金ブログは必見

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ家づくりBlog集
▶ 積水ハウスでの家づくり注意点・お金のこと・Web内覧会など、積水ハウスオーナーさんのブログは必見


応援クリック
▶せっかちパパのやるしかない!を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

コメント一覧

    • 1. さとう
    • 2017年01月11日 06:48
    • 5 せっかちパパさん、教育費の具体的なシュミレーションありがとうございます。とても参考になりました。家を建て子供を育てることがいかに大変かを私自身もあらためて思い知らされました。たとえ親が大学の進学にこだわらなくても、子供が希望すれば進学を支援したいのは親心ですよね。しかし日本は既に少子高齢化社会に突入し団塊の世代がこれから後期高齢者になっていきますから高齢者福祉にさらにお金がかかる時代になっていくだろうと思います。高齢者が増えるだけでなく若者が減っていくわけですから加速度的に変化していくはずです。今の学費も子供が大学に進学する頃にはさらに高騰している可能性もありますし、社会保障費確保が最大の目的である消費税率もどのくらいまで高くなっているかわかりません。国や自治体、そして親も若者へ簡単には投資できない、つまり生々しい言い方をすればこれからの若者は自分のためではなく高齢者のために生きる時代になってしまうということです。それは今年から施行される給付型奨学金の中身を見ても明らかです。親が家の修繕費や老後資金を投げ打ってまで子供に投資しても、逆に後々子供に迷惑をかけることにもなりかねませんから、子供が大きくなったら家の経済状況をしっかり説明し全体的なバランスを整えるのが重要になるのではないかと思いました。
    • 2. せっかちパパ
    • 2017年01月12日 17:25
    • >さとうさん

      お久しぶりです。貴重なコメントありがとうございます!
      おっしゃる通りだと思います。本日UPする「下剋上受験」記事もまさにさとうさんの指摘されている部分につながっていきます。

      教育費については、本当にネタが尽きません。また、ご感想等頂けたら嬉しいです。
    • 3. ミンメロ
    • 2017年02月07日 10:48
    • 5 こんにちは!我が家も積水ハウスの家です。2016年の5月に建てました!住まいは伊豆地方です。当初はまだ子供も居なかったのですが、現在妊娠5ヶ月で2017年の7月に出産予定です。自分が40歳、妻33歳で老後資金、教育資金、ローン返済とトリプルパンチでヤバイです。共働きだったので無理なローンを組んでしまい家を建ててから慌てて貯金したり無理の無い程度に節約生活を始めました。お互い頑張りましょう!
      同じ積水ハウスということも有り、こちらのブログで勉強させて頂いております。
    • 4. せっかちパパ
    • 2017年02月14日 09:20
    • >ミンメロさん

      はじめまして。そして、コメントが遅れてしまい、大変申し訳ありません。
      同じ積水ハウスということで、とても親近感が沸きました。それも、同じ静岡県住まいですね。

      現在新しいブログhttp://www.sekkachi.com/をメインブログとして活動していますが、こちらのブログにもしっかり足を運びたいと思っています。

      どうぞ今後ともよろしくお願いします(^^)/
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL