イマドキmama

積水ハウスの賃貸住宅シャーメゾンでは、若い主婦向けの賃貸住宅「イマドキmamaの家」が人気を集めています。

ママ目線の賃貸住宅ということで、家事動線がすごく工夫されており、家事のしやすさにこだわっています。他にも自身の美容スペースであったり、子育てスペースが充実しており、一般的な賃貸住宅では手の届かない配慮がなされています。

この「イマドキmamaの家」については、実例間取り集も充実しているので、これから家作りをされるママさんにはぜひ一度間取りをご覧になっていただいてご自信の家作りの参考にしてほしいものです。

今、積水ハウスの賃貸住宅がおもしろい

myhome

積水ハウスは「イマドキmamaの家」の他にも面白いデザインの賃貸住宅を世に送り出しています。

例えば、1階部屋を「1戸建て」の感覚で生活できる、新しい賃貸住宅を提案しています。

この1階戸建てプロジェクトでは、生活者のライフスタイルを分析し、結果を間取りに反映して設計しているそうです。1階には住みたくないという人の意見も交えながら、生活者の行動観察やインタビューなどを重ね、4つのライフスタイルに分類しています。

具体的には、
  • 女の子の乳幼児がいる夫婦
  • 幼稚園に通う元気な男の子がいる夫婦
  • 自分の趣味の世界を生かしてコミュニケーションしたい40代の夫婦
  • 子供が独立した50代の夫婦
といった生活者像を仮定し、それぞれのライフスタイルに応じて部屋の間取りを設計し、1戸建てに住んでいる感覚を生み出しているそうです。

先ほどの「イマドキmamaの家」同様、どんな賃貸住宅なのか気になってしまいますよね。こんな賃貸住宅なら住んでみたいと思うのは私だけではないはずです。

積水ハウス「草の根プロジェクト」が注目される訳

Green11_kessai20141123152655500-thumb-1522x800-5733

積水ハウスでは「イマドキmamaの家」のようなデザイン・シンキングを活用した実践が次々と世に送り出されています。こうした取り組みは住宅メーカーを超え、広く企業から注目を集めているそうです。

「イマドキmamaの家」でも、多くの女性社員が通常業務とは別にボランティアとしてこのプロジェクトに参加していたそうです。

積水ハウスでは、こうしたプロジェクトを「部活」的に捉えているそうです。つまり、そこに参加するメンバーが部活のように楽しむことを目的としているというのです。

こうした考え方から生まれた新しい商品は、我々家を借りる人をワクワクさせてくれ、楽しい生活に結びつけてくれるのではないでしょうか。

「借りる対象を具体化」した賃貸住宅って魅力的

5d427932ea1b5d586d41c940e7942702_s

賃貸住宅は本来、誰が住むかは分かりません。そのため、一般受けする間取りやデザインになっているのではないでしょうか。

しかし、それではなんだか面白くない。もっと便利に。もっとその家族にフィットした賃貸住宅があってもいいですよね。こうした借り手を想定した賃貸住宅は今後広がっていくのかもしれませんね。

これからも積水ハウス「草の根プロジェクト」に期待していきましょう。
スポンサーリンク

家計管理Blog集
▶ 他の家庭の収入や家計簿を覗いてみませんか。節約主婦&サラリーマンのお金ブログは必見

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ家づくりBlog集
▶ 積水ハウスでの家づくり注意点・お金のこと・Web内覧会など、積水ハウスオーナーさんのブログは必見


応援クリック
▶せっかちパパのやるしかない!を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック