be86e16d1f098cb3f59a85b915c6b575_s

Project Sunroof とは 
再生エネルギーに対する需要は、まだまだ高いようです。
実際、私の住んでいる地域にも次々と、太陽光発電パネルが設置されています。

太陽光発電需要がまだまだ見込まれる中、正確な予測データで導入に迷ったときの判断を助けてくれるのがGoogleが展開する新サービス「Project Sunroof」である。

150818projectsunroof1

出展:Project Sunroof
このサービスは、同サイトのトップページで住所を入力するとGoogleマップで検索する場合と同じように、検索地点の航空写真が表示されます。

すると、屋根の形状を自動で認識し、
  • 取り付け可能なソーラーパネルの面積
  • 年間の日照時間
  • 見込み発電量
  • 節約できる電気代(何年で元が取れるのか)
  • 導入時の支払い方法(リース・ローン・一括払い)
  • 検索地点を営業エリアに含む事業者
をシミュレーションしてくれるのです。

Googleだからこそできる正確な予測データ

google-earth-55

このサービスは、Googleマップの航空写真と画像を分析し、年間の太陽光の変化、樹木や周辺の建築物などが屋根に落とす影、その地域特有な天候データを統合し、予測データを算出している。

Googleが持つ膨大な情報量を武器に、太陽光発電業界に切り込みを入れるサービスになっている。

残念ながら日本はサービス対象外・・・

残念なことに、このサービスは米国の一部のみで試験的に展開されている段階なのです。

しかし、間違いなく今後は全世界に向けてサービスを拡大してくるものだと思われます。

日本でもまだまだ太陽光発電の需要は高い状況です。
太陽光発電業者はもちろん、セキスイハイムや一条工務店といった太陽光発電を売りにしているハウスメーカーにとっても、このProject Sunroofは大きな革命をもたらすのかもしれません。

太陽光発電シミュレーションをするには・・・


Project Sunrofのお手軽感にはかないませんが、Googleマップを利用した予測シミュレーションを提供してくれるサービスがあります。

わが家も土地活用に向け、商業用太陽光発電をシミュレーションしてもらう予定です。

素敵な太陽光ライフが送れるサービスが拡充していくのは、とてもありがたいことですよね。

トラックバック