住まいの参観日 イメージ

出展:http://www.sekisuihouse.co.jp/
いよいよ今週末に積水ハウスの最大イベント「住まいの参観日」が行われます。
これから家づくりを検討中の方はもう近くの戸建て会場がどこかチェックされたでしょうか。

積水ハウスで家づくりをした先輩として(ちょっと偉そうですみません)、住まいの参観日での見るべきポイントをひとつだけお伝えしたいと思います。

住まいの参観日で見るべきたったひとつのポイント

369dd6aa5c073ea7968ec894038b4ece_s

それは家づくりのテーマです。


「もっと見るべきポイントがあるだろ!」と突っ込まれそうですが、私はこれが一番重要なポイントだと考えています。

家づくりをする際、「わが家のテーマはコレだ!」とテーマをひとつ決めることをお勧めします。それは別の言い方をすれば、家の売りを作ることでもあります。

実際、積水ハウスの住まいの参観日で公開されている住宅には、それぞれテーマがあります。

住まいの参観日

出展:http://www.sekisuihouse.co.jp/event/sankanbi/index.html
そのテーマがどういった間取りやオプションにより演出されているのかをチェックするのです。施工主がどのような工夫でそのテーマを実現しているかを知ることは、家づくりにおいて大いに役立つはずです。

また、家づくりのテーマを演出したことで発生するデメリットは何か考えてみることも大切です。

テーマの演出で使われることが多い「大きな吹き抜け」にもメリット・デメリットがあるように、ひとつの売りを作るためには何かが犠牲になっていることが往々にしてあります。

もし、施工主の方や積水ハウスの担当者と話す機会があればこうしたことを思い切って聞いてみるのもアリだと思いますし、ご自身で想像するのも大切なことです。

もちろんお金があれば、アレもコレも売りにした家作りが可能です。
しかし、現実はそうはいかないんですよね。

ご自身の家のテーマ(売り)を何にするのか。
住まいの参観日で、さまざまな実例からヒントを探してみてはいかがでしょうか。
スポンサーリンク

家計管理Blog集
▶ 他の家庭の収入や家計簿を覗いてみませんか。節約主婦&サラリーマンのお金ブログは必見

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ家づくりBlog集
▶ 積水ハウスでの家づくり注意点・お金のこと・Web内覧会など、積水ハウスオーナーさんのブログは必見


応援クリック
▶せっかちパパのやるしかない!を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

トラックバック