子ども部屋②

子ども部屋には青がおすすめ

子ども部屋をどのような部屋にするかを考えたとき、日当たりや設備も大切ですが、わが家は色に注目した部屋づくりをすることにしました。

そう考えた理由には、色が与える効果にあります。
色が持つパワーや効果って想像以上に大きいことを知っていますか。

今後子どもが勉強や睡眠など大切な行動をする部屋が子ども部屋において、育っていく過程で、そうした活動の質をより高めることは非常に重要です。そして、色には活動の質を高めてくれる効果があると考え、部屋作りに取り入れてみました。

わが家が選んだ色は、ご覧のとおり「青色」です。

青色は、子どもが成長していく上でとても大切な要素を育ててくれる色だと思います。

まずは、青色のもたらす心理効果を紹介します。

集中力を高める
興奮を抑え、気持ちを落ち着かせる(リラックスできる)
睡眠を促進させる


こうした効果を取り入れることため、青色を取り入れた部屋づくりを目指しました。

ちなみに、他にも緑がおすすめです。
わが家は田舎暮らしですので、カーテンを開ければ緑がたくさんですので、部屋の中には青色を取り入れたという経緯もあります


青色といえば、こんな勉強方法が話題に…

(参考記事)⇒無題
出典:http://toyokeizai.net/
青色のペンで勉強するだけで、黒色のペンで勉強するよりも成績が伸びるそうです。これもまさに色の持つパワーですね。

この勉強方法は、私も最近知ったのですが、やはり集中したり、気持ちを落ち着かせたりするには青色が効果的なようです。

まさに子ども部屋向きの色ですよね。

アクセントウォールで落ち着いた雰囲気に…

子ども部屋③

ただ青い壁紙を張るのではちょっとキツイ部屋になりそうだったので、アクセントウォールを選択しました。手触りはザラザラしている感じです。

小さな見本をもとに選んだため、全面張りするとどうなるか不安だったのですが、出来上がりは非常に満足しています。

子ども部屋のカーテンは選ぶのに一苦労

子ども部屋①

カーテンは施主支給にしたのですが、妻がかなり悩み選んでくれたのがこちらのカーテンです。

このカーテンは動物の絵もかわいく部屋の雰囲気にもマッチしているのでとても気に入っています。

子ども部屋のカーテン選びはとても悩むところですよね。わが家は子どもに選ばせると、ド派手なキャラクターものになりそうだったので、親が勝手に選ばせてもらいました。それでも子どももこのカーテンを喜んでくれたのでホッとしています。

子ども部屋には自慢の「アレ」もあります

(参考記事)⇒無題

他にもこんな思いが込められた子ども部屋

(参考記事)⇒無題2

子どもが大きくなるにつれ、子ども部屋で過ごす時間は長くなっていくことでしょう。いつまでもリビングで一緒に遊んでくれると嬉しいのですが…

親の思いをすべて汲んでくれる子どもに育って欲しいとは全く思っていませんが、将来この部屋から巣立つときに子どもにとって愛着がある部屋であってほしいとは願っています。

皆さんも「色に拘った子ども部屋づくり」を実践してみてはいかがでしょうか。

(皆さんの子ども部屋も覗いてみましょう。とても参考になりますよ。)
⇒ 
WEB内覧会*子ども部屋
スポンサーリンク

家計管理Blog集
▶ 他の家庭の収入や家計簿を覗いてみませんか。節約主婦&サラリーマンのお金ブログは必見

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ家づくりBlog集
▶ 積水ハウスでの家づくり注意点・お金のこと・Web内覧会など、積水ハウスオーナーさんのブログは必見


応援クリック
▶せっかちパパのやるしかない!を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

トラックバック