2934218773_de8b7ef9f7_o

住宅に関する不安の原因を少しでも明らかにできればと思い、書いているシリーズです。
シリーズ① みんなどんな不安を抱いているの?
(参考記事) ⇒ 「
家づくりにおいて不安なこと■一番の解消法は…
シリーズ② なぜ予算について不安を感じてしまうの?
(参考記事) ⇒ 「住宅予算は必ず上昇する■せっかちパパ家の提示予算から確定費用までの動向から参考にしてほしい事

シリーズ②の記事に書いたように、わが家の予算は提示予算から約200万円も最終的にオーバーしてしまいました。
その原因を見てみると、不安解消への道のりが見えてくるように思います。

200万円オーバーの要因

1

2回目の予算提示で200万円も増えている要因を探ってみました。
「どうせいっぱいオプション増やしたんでしょ?」と思われるかも知れませんが、違うところに原因はありました。
200万円もオーバーした理由。
それは・・・


地盤強化費用・・・約135万円
土地整備代・・・約60万円

が上乗せされたためでした。

土地整備・補強には時間とお金が掛かる

bf75baaa0dea9b35c48d626d745234a4_s

そうなんです。1回目に予算を提示された際には、土地整備費用は概算で入れられていたのに対し、2回目では確定値に変わっていったのです。
これは、わが家がレアなケースというわけではありません。地盤補強が必要な土地は多く存在しており、その費用が確定するまでには、地盤調査後にさらに時間がかかるのです。わが家は、この間に家を建てる土地を変更したこともあり、さらに土地整備費用というものもかかってしまったのです。

こうして、費用が上がってしまった後で、その分を削除しようと努力した訳ですが、結果は上の表のとおりです。
一度採用してしまったオプションを減らし、費用削減をするのは言うは易しです。

こうして住宅費用はオーバーしていくのです

MIYAKO85_uchiagerareta20140726500-thumb-1223x800-5137

家づくりにおいて、当初の予算通り家を建てられた方は、全体の25%ほどという調査があるそうです。つまり、4人に3人は予算オーバーをしてしまっている現実があります。
(参考記事)⇒「
営業マンには予算の8割を伝えるべき■敵は初期マイホームイメージ

「営業マンには予算の8割を伝えるべき・・・」の記事にも書いたことと重複する部分がありますが、もう一度強調します。

当初、地盤関係の費用が確定しないうちにもどんどん打ち合わせは進んでいきます。その際「こんな家にしたい」という初期イメージが固まっていくことになります。それは家の広さ・間取り・オプションなどなど多岐にわたります。

その後、地盤補強費が増加してしまっても、このイメージを実現させたいという気持ちが強くなってしまっているわけです。当たり前ですが、地盤補強費を抑えることは不可能です。
結果として、初期イメージを壊せずに予算を超えた家づくりへと突き進んで行ってしまうというわけです。

だから不安と感じる人が多い

3657718695_a6b391d9a8_o

予算内に住宅を購入できていない人が75%。
これを聞くとさらに不安になってしまいそうです。

しかし、「なぜ予算オーバーしてしまうのか」という原因が分かれば、対応を考えることができます。この記事は予算オーバーの原因の一例かもしれませんが、決して特別なケースだとも思いません。

家づくりは、予算も含め満足なものになって初めて、後悔しない家づくりができたと言えるのではないでしょうか。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック