a42c34c31fdf5617a3fe500a87bdf0da_s

前回の続きです。
(参考前回記事)⇒「
2年目住宅ローン控除で所得税が無事還付されました

ふるさと納税の控除が変わるようですね。
手続きの簡略化や控除額の倍増など、とても美味しい制度になりそうです。
私は、まったく税金関係の話には疎く、ふるさと納税も興味ありませんでした。
しかし、新聞を読んでみて、大変興味をそそられ、挑戦してみたいと思うようになりました。

住宅ローン控除の効果は絶大

25be99321077d527672110e4a7eed382_s[1]

現在、私は住宅ローン控除が30万円ほどあります。

年末の住宅ローン残高の1%が控除を受けられる」ということは知っていましたが、現金として支給されるのは、所得税分が限度であることは知りませんでした。

私の昨年の所得税は、約19万円ほどで、この約19万円が昨日控除され、無事口座に振り込まれました。このお金は大切に貯金し、いずれ繰り上げ返済に回す資金にしていこうと思います。

さて、私が控除を受けることができる30万円のうち、約19万円は手元に来ましたが、残りの11万円はどうなってしまったのでしょうか。

住宅ローン控除が所得税で控除しきれなかった

gengakusochi_1_1


総務省HPによると、所得税で控除しきれなかった金額(わが家は約11万円)は、翌年の6月以降の住民税から控除するということです。

「ありがたい、ありがい。これに加えさらに、ふるさと納税を行えば、わが家は住民税からも解放される~」
などと、期待していましたが、世の中そんなに甘くないようです。

住民税控除には97,500円の壁が・・・

05d2c025b4e24979f3923f2c3a4940b1_s

私の場合、所得税から控除しきれない約11万円が、住民税から控除されるかと思いきや、どうやら住民税の控除にには、限度額が存在するようです。

000170987

総務省HPより
この算出方法にわが家のケースを当てはめると、住民税の控除額は
(住宅ローン控除可能額)約30万円-(所得税減税額)約19万円
=(A:住民税控除額)約11万円
となり、上の図にも書いてある控除の限度額(B)97,500円を超えてしまいます。

ということは、ふるさと納税をしても意味がない

2273871397_040225f007_o

ふるさと納税も、住民税から納税額-2000円を控除してくれる制度です。
ということは、わが家の場合当分はこのふるさと納税による恩恵は受けられないということになります。

住宅ローン控除を受けられているだけ、ありがたいと考えるべきだと思いますが、何とも残念な結果になってしまいました。

税金については、ほとんど無知なせっかちパパが調べた内容ですので、間違っていたらすみません。もし、違う点がありましたら、ご指摘いただけると嬉しいです。


住宅ローン控除に関する情報・裏ワザ・・・「トラコミュ 住宅ローン控除
ふるさと納税に関する節税情報・お得特産品・・・「トラコミュ ふるさと納税


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL