daa3302ee3787e1ff72e4b92e9f013a6_s

我が家の太陽光発電に関する実績は、以前記事にしました。
(参考記事)⇒ 「
せっかち家1年間の発電実績
本日は、積水ハウスとの打ち合わせ時に頂いた太陽光発電のシミュレーションのデータと実際を比べてみました。
すると、驚きの結果になりました。

実態 vs シミュレーション

VS

このグラフは縦軸が発電量(kWh)、横軸が月を表しています。
青色と赤色どちらが実態で、どちらがシミュレーション値か分かりますか。

正解は、青色が実態、赤色がシミュレーション値になります。
何と年間を通じて一度たりともシミュレーション値を下回ることはなかったのです。

シミュレーション値170%を超える発電量を記録

77ea4efe94be234763ffdc7b9bf38cb0_s

我が家の太陽光パネル積載容量は4.86kWです。
そして、積水ハウスから提示されたシミュレーションでの年間売電発電量は2824kWhでした。
一方、実際にこの1年間に売電した発電量は4858kWhでした。
その量、驚異のシミュレーション値の172%です。
これは驚きの数字ですよね。

いやいや、シミュレーションが厳しすぎじゃないの?

その通りだと思います。

ただ、これは積水ハウスだけに限ったことではないようです。
インターネット上では、各社の太陽光発電シミュレーションを行うことができます。
一部紹介させていただくと…
太陽光発電システム導入シミュレーション by:LIXIL
住宅用ソーラー発電シミュレーション by:KYOCERA
などなどです。

これらのシミュレーションを行ってみても、積水ハウスと似たり寄ったりの結果が出ることから、各社甘めのシミュレーションと言えると思います。

まぁシミュレーションより実際の値が低いとクレームにつながりそうですもんね。

太陽光発電に向いている地域・向いてない地域

無題1

こちらは気象庁のデータをまとめてみたものです。
これを見てもわかるように、日照時間は縦長の日本ではかなりの差があります。
県の平均ですので、その県の中でもさらに多い少ないはあると思いますが、私が住む静岡県は比較的日照時間が長いです。

それを象徴するちょっとしたエピソードが…
私の友人Uくんは、大学から上の表の日照時間の短い県に行くことになりました。Uくん曰く「いつも太陽が雲で隠れている…」という理由から若干鬱っぽくなってしまったのです。
それほど感覚的に日照時間が違うのだと思います。

・・・話がそれてしまいました。

シミュレーション値以上を期待しちゃおう

兎にも角にも、太陽光発電のシミュレーションはかなり厳しめに算出されています。
シミュレーションを見て、これならという方は是非太陽光発電を取り入れてみてください。

他の皆さんの太陽光発電実績もチェック ⇒ 「トラコミュ 太陽光発電実測データ集


トラックバック