スポンサーリンク

家計管理Blog集
▶ 他の家庭の収入や家計簿を覗いてみませんか。節約主婦&サラリーマンのお金ブログは必見

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ家づくりBlog集
▶ 積水ハウスでの家づくり注意点・お金のこと・Web内覧会など、積水ハウスオーナーさんのブログは必見


応援クリック
▶せっかちパパのやるしかない!を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

5691c98c7ba0206814f67acbaad6c49e_s

私せっかちパパが積水ハウスで家を建てようと決意した営業マンの言葉・対応について、特に印象に残っていることを紹介しているこのシリーズです。
(積水ハウスを選んだ理由シリーズ) ⇒参考記事
今日紹介するのは、契約に向け2社まで住宅メーカーを絞り込み、それぞれの住宅メーカー営業マンに別のハウスメーカーと悩んでいるということを打ち明けたときのエピソードです。

競合しているハウスメーカーに対する対応

営業2

積水ハウスの営業マンからは、他社ハウスメーカーに対する情報はほとんどいただけませんでした。

真意は測りかねますが、「私が今後、積水ハウスを選ばず、他社ハウスメーカーを選択する可能性もこの時点であったため」だとしたら、男気を感じてしまいますし、実際そのように配慮してくれているようにも感じました。

いずれにせよ、積水ハウスの営業マンからは他社の良い情報も、悪い情報も教えていただくことはありませんでした。

一方、競合していた某住宅メーカーの営業マンに「積水ハウスも検討している」ということを伝えると、「コンクリート住宅は身体に悪いですよ」という名言が飛び出したのです。
名言の真相を知りたい方は・・・(参考記事) ⇒ 
こちらへ

この名言にもびっくりしましたが、それ以外にも、積水ハウス批判は続きました。その中でも特に衝撃的だった批判がありました。

積水ハウス住宅は東北地震クラスで全壊する!?


色々批判されている中で、私が一番ひいてしまった批判は…
「わが社の方が、積水ハウスより地震に強いですよ」
と言い、おもむろに写真を取り出し、見せてきたことです。

その写真の内容は、東北地震で被災し、壁が壊れている積水ハウスと思われる家の写真だったのです。

その写真を見せながら、この営業マンは、
「わが社は、東北地震で全壊した家はありませんでしたよ。」
という事を得意げに主張されていました。

この対応には、その人だけでなく、会社の質を疑ってしまいました。その写真はラミネート加工されており、察するに会社で用意されているもののように感じました。

確かに批判材料としてはもってこいの写真なのかもしれません。しかし、そこに住まわれていた方の気持ちを考えると、批判の域を超えていると感じてしまいました。

「他社の欠点」より「自社の欠点」を教えて

PAK86_cyottomimikashite20140321500-thumb-1050x700-5094

住宅業界は、本当に厳しい業界だと思います。営業マンは契約をとることで、一人の契約により数千万円の契約を取り付けてくるわけですから。やっきになって当然だと思います。

しかし、私たちが本当に聞きたい情報は、他社の弱点・批判ではなく、自社の弱点です。

正直に、「ここは強い分野だけど、ここは弱い分野なんです。」という情報を聞かせていただいた方が、他者メーカーを批判する営業マンよりよほど信用度が増します。こうした他社に対する姿勢からも、その住宅メーカーの本質が見えてくるように思いませんか。

トラックバック