d278e1b51e868cdf399897c5710ad387_s[1]

展示場にいきなり行くのは「NG」

いきなり展示場に行くとデメリットがいくつかあります。いろいろなデメリットがありますが、特に大きなものは以下の2つです。
  1. 紹介制度が使えなくなる
  2. 興味のないハウスメーカーのしつこい営業攻撃にあう可能性がある
住宅展示場に行き、置いてある名簿に名前を書いた瞬間に「紹介制度」が使えなくなってしまいます。これは大きなデメリットになります。紹介制度については別記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。
(参考記事)⇒紹介制度の3つのメリット

また、とりあえず入った住宅展示場でも営業マンは必死に営業をしかけてきます。ハウスメーカーによってはかなりしつこい営業にあってしまう危険性もあるのです。営業電話や訪問などにあう前に、興味のあるハウスメーカーを絞り込みたいものです。

そこで本日は、その方法を紹介しようと思います。

その1 地域の家作り総合サイトを見る

私が住む静岡県でのおすすめサイトになってしまいますが、私がよく見ていた家作り総合サイトは「イエタテ」というものです。

静岡県と愛知県に限った情報になってしまいますが、その他の都道府県でも似たようなサイトは必ずありますので、探してみてください。

このサイトで最近紹介されている「
磯野家(サザエさん)に学ぶ間取り術」などは本当に面白く参考になります。

img04


こうしたサイトの良い点は、

■より公平にいろいろなハウスメーカー情報を得られる。
■地域の工務店の情報を主に得られる。
■自分の地域の問題点が見えてくる。

ということがあります。是非利用してみてください。

その2 にほんブログ村を活用する

先に紹介したような総合サイトは、公平性が高い分、本当の姿は見えにくいです。こうした情報サイトやフリーペーパーなどでは、ハウスメーカーの欠点や弱点はなかなか把握できないという欠点もあります。

そこで、より生活観があり、インテリアなどを含めたイメージを作るために、私がよく見たのが「
にほんブログ村・トラコミュ」です。

私が、よく見た各ハウスメーカーごとのWeb内覧会は、ブロガーさんたちの生活観溢れる(←失礼な表現ですかね・・・)家の中の写真がごらんいただけます。

特に、私が参考にしたリンクを張っておきますので、ご覧になってみてください。
※以下のリンクをクリックすると、このブログにポイントが加算されますので、いやな方はURLをコピーしてご覧ください。
■積水ハウス WEB内覧会*外覧会
8g49f7dk

■住友林業 WEB内覧会
sumitomo

■へーベルハウス WEB内覧会
sumitomo

■パナホーム WEB内覧会
sumitomo

■一条工務店 WEB内覧会
sumitomo


すべてのリンクは張れていませんが、他のハウスメーカーの方も内覧会されていますので、是非興味のあるハウスメーカーの内覧会を一度ごらんになってみてください。

先ほども言いましたが、皆さんのおしゃれで生活観のある部屋の様子が見られます。各ハウスメーカー本当に色がありますので、興味のある部屋を見つけることができます。

展示場では、本当に広くてオプション盛り盛りの部屋を見ることになりますので、実際の雰囲気を味わうには、WEB内覧会を利用するのが一番良いと考えます。

住宅展示場へ行く前に知識武装は必須

家作りについて無知な状況で、いきなり住宅展示場へ行くことは避けるべきだと思います。

最低限の知識武装をし、営業マンの営業トークの良し悪しが多少なりとも判断できる状態が必要だと思います。

言われたことを鵜呑みにすることなく冷静に判断するためにも、まずは本日紹介したような情報サイトを見ることからスタートしていくことを強くお勧めします。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック