3aa4ca99cb5f04429c9bd0eed3847259_s[1]


せっかちパパが営業に伝えた自己予算

さっそくわが家のケースを紹介します。

わが家は紹介制度を利用し、積水ハウス営業マンと接触しましたが、初めての営業の際(←2回目かも)に、

「大体のご予算はおいくらをお考えですか。」
と聞かれ、

頭金を含めて3000万円程度にしたいです。」
と答えました。

このとき、私は内心「積水ハウスは大手ハウスメーカーで坪単価も高いと評判だし、あまり少ない金額は言えないかなぁ・・・」と思ってしまい、自己予算の上限と考えていた金額を伝えてしまいました。←小さい男で、すみません。

実際、他の地元工務店に行った際には、自己予算2500万円と伝えていました。

その結果・・・

はい…当ブログを読んでくれている方はご存じのように、せっかち家の最終的な住宅費用約3500万円となってしまいました。

19ea47667fc769b06d74f5b5118cb744_s[1]

もちろん金額が上昇した要因は、その都度納得し、決定していったつもりです。

それでも、予算は当初想定した上限の2割もオーバーしてしまったのが現状です。

家づくりを経験して感じたこと

私もできるだけ予算に収めようと努力はしました。しかし、家を作るということは当たり前ですが、様々な問題が発生してきます。

それらの問題は、家づくり当初では把握できていません。当たり前ですが、営業マンも把握できていません。

打ち合わせ当初「予算3000万円あれば、この程度の家ができますよ‼」と営業マンが提示してくれた我が家は、私たち夫婦の願いを大部分かなえてくれており、3000万円ならこのグレードの家を建てることができるんだ。と考えるようになります。

その後は、打ち合わせ初期段階で提示されたグレードを思い描き、家づくりを進めていくことになります。

この一度思い描いてしまった予算に収まるグレードが厄介でした。なぜなら、家づくりを始めていくと初めて分かる問題が次々と出てくるからです。

それらの問題をクリアにし、かつ最初に提示されたグレードの家を建てようとすると、必然的に予算が上がってしまいます。

一度思い描いたマイホーム像を壊し、ひとつグレードを下げることが私にはできませんでした。

結論

家づくりにおいて、初めに抱く具体的なマイホームイメージは、夢から現実へ変わる第一歩です。

「自分でもこんな家に住めるんだ。」
「この予算でこんな設備も」
などなど・・・

最初に営業マンから提示された広さや間取り・設備が、当初提示した自己予算内にぴったり収まることは、まずありません。

必ず想定しなかった問題が起き、そのために費用がかさんだり、当初想定していなかった設備が欲しくなったりしてしまうのです。

本来は、そのために間取りや広さを減らしたり、設備をグレードダウンしたりするわけですが、その頃には大きな金額を変更するには難しい状況までいっていることが予想されます。

私も間取りが決まった段階あたりで、金額を減らそうとごちゃごちゃ試みましたが、大幅な金額ダウンはできませんでした。

結論ですが、やはり初めのイメージはマイホーム作りにおいては、良くも悪くも重要です。自己予算を提示すれば、営業マンはその金額MAXの家作りを提案してきます。

その提案を想定し、初めの自己予算を2割程度おさえたものを提示し、そのイメージを実現していく中で、本来の自己予算に収めていくという方法を取ることが、本来の予算内で家作りをするために必要なことだと思います。

家作りにおいて予算を上げることは簡単ですが、予算を減らすことは非常に難しいということを忘れないでください。

結局どうすれば良かったの?

これから家作りをされる方は、

■初めのイメージをバッサリ捨て、鉄の心で広さ・設備を削減する。
■初めから自己予算の8割を上限として提示する。

のいずれかを実践することで、私がおちいった予算オーバーという失敗はせずに、予算内に住宅費用を抑えられると思います。

鉄の心を持てそうもない方は、ぜひ自己予算の提示方法を検討してみてください。


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック