誰もが悩む『住宅ローンの借入金額』について、実際にローンを返済している立場から感じた(感じている)ことを書こうと思います。

e72001241f07a3b9254583c491b3004d_s[1]

せっかちパパの年収と住宅ローン借入金額

まずは、わが家の現状を簡単に説明します。

私せっかちパパの年収は約600万円です。(平成25年次の会社支給額)詳細は「
月収編」と「賞与編」をご覧ください。

この年収に対して、私の銀行からの借入金は合計3200万円となっています。詳細は「
家作り総費用■積水ハウス」をご覧ください。

よく耳にするフレーズとして、「住宅ローンは年収の5倍程度が望ましい」と聞きますが、これは本当なのでしょうか。

年収の5倍は正直きびしい・・・なぜ??

今回の記事のタイトルにもしましたが、実際に我が家は年収の約5倍強の住宅ローンを借入したわけなんですが、正直キツイっす。

どのようにキツイか具体的に申しますと…

破産寸前かといえばそんなことはなく、趣味も、貯金もそれなりにできてはいます。ですが、キツイと感じてしまう原因は、賞与(ボーナス)時に住宅ローンとして支払っている約10万円…これがかなりの負担感にあると思われます。

わが家では、ローン返済以前のボーナスは自分の趣味であったり、家族旅行などであったり、日常生活のリフレッシュ費用として利用することが多くありました。そうなんです。このリフレッシュ費用があるから仕事も頑張れていましたし、「ゆとり」を感じることもできていました。

それが現在、夏と冬のボーナスから10万円ずつの計20万円が住宅費に充てられており、これによりリフレッシュ費用が激減。これこそが私が「キツイ」と感じる負担感につながっていることは間違いなさそうです。

わが家の適性住宅ローン借入金額

わが家の3200万円の借入金のうち、賞与返済が占める支払いは合計700万円となっています。

つまり、この700万円分の借入金がなければ、負担感は薄く、せっかち家にとって適正な住宅ローンを組めたという事になりそうです。

この700万円分を引いた借入金2500万円は、私の手取り年収の5倍程度にあたります。

つまり、一般的に言われる「住宅ローンは年収の5倍まで」の年収は手取り額の5倍として考えるほうが良いという結論に至ります。

700万円を削減するためには・・・

さて、わが家が住宅ローン借入金を2500万円に抑えるために削るとしたら、どのような設備が候補に挙がるでしょうか。いまさらではありますが、考えてみることにしました。

その候補が以下の設備たちです。

■ 外構費用(140万円) ⇒ 住宅と同時にやる必要はなかったかな
■ パパ趣味施設(200万円) ⇒ 贅沢しすぎたかな
■ 太陽光発電(200万円) ⇒ 無くてもやっていける設備No.1
■ エコキュート(60万円) ⇒ オール電化にしなければカットできる
■ 床暖房(55万円) ⇒ これまた贅沢品かな

以上で占めて655万円也。

これらは今思えば、無理してまで導入する必要はなかったかもと感じる設備です。家の大きさを小さくするなど大幅に仕様を変えなくても、650万円は借入金を抑えられたことになります。

これから住宅ローンを借りられる方へ


上の設備はどれも、後から設置できる設備ばかりです。

家を建てられるときは、金銭感覚も崩れ一度に全部をやったほうが得な気分になります。しかし、私の感覚としては、贅沢設備はじっくり必要に応じて後から追加していくほうが良いと感じました。

もう一度強調すると・・・

① 住宅ローン借入金は、手取り年収の5倍
② 贅沢設備は後から設置

です。

以上が、実際にローンを組んでみて返済に苦しむ私が感じたことです。これから住宅ローンの借入金を検討される方にとって、もう一度検討するきっかけになれば幸いです。

この記事が「広島住宅総合館」ブロリレで紹介されました


スポンサーリンク

家計管理Blog集
▶ 他の家庭の収入や家計簿を覗いてみませんか。節約主婦&サラリーマンのお金ブログは必見

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ家づくりBlog集
▶ 積水ハウスでの家づくり注意点・お金のこと・Web内覧会など、積水ハウスオーナーさんのブログは必見


応援クリック
▶せっかちパパのやるしかない!を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

コメント一覧

    • 1. さとう
    • 2015年05月18日 06:42
    • 住宅ローンの返済ご苦労様です。私も同じく返済中の身です。これからローンを組まれる方には有力な情報です。ただ、住宅購入の資金計画には家族計画や車の所有台数も含めて考えなければならないと私は思っています。外構や太陽光パネルなどは資金に余裕ができた時にお金をかければよいですが 子供は作った時点で1人あたり少なくとも700万円の教育費は確定してしまいます。3人作れば2000万円以上です。多くの家庭では住宅購入後10年~15年でこの教育出費が襲ってきます。車も1台所有しているだけで結構な維持費がかかります。ご主人の職場までが遠く、公共交通機関が使えないとなるとその時点で 2台所有される方が多いです。車は家のように一度購入すれば一生使うことはまれで、いずれ買い換えを迫られますのでばかにできないのです。私は幸い職場が近く、土砂降りの日でもママチャリで通勤してます。
    • 2. せっかちパパ
    • 2015年05月18日 12:55
    • >さとうさん

      コメントありがとうございます。
      私と同じローン返済中ということで、親近感が湧きます。
      住宅ローン+教育費は本当に頭が痛いところですよね。
      我が家は田舎のため車は必須です。現在2台所有しています。
      生きていくのに、子どもを育てるのにこんなにもお金がかかるのだと改めて驚かされます。

      また遊びに来てください。
    • 3. さとう
    • 2015年05月19日 06:57
    • ありがとうございます。ちょっと脅かすようなコメントですみませんでした。でも年収600万円で3200万円の借入はごく一般的だと感じます。私の職場の知人達も3300万円前後がほとんどです。どこか無駄を削れば黒字になるような気がします。ご趣味の費用も長期的に考えて元がとれるのであれば問題ないと思います。趣味は大事です。趣味をやめれば心身に悪影響が及び逆に収支が悪化する可能性が高いです。私が 実際に住宅ローンを組んでみて驚いたことは人は就職した時点から住宅ローンの審査は既に始まっているということです。年収が高くても職を転々としてきたり、クレジットや公共料金を滞納してきたり、貯蓄をしてこなかったりしたことが住宅ローンを組む時に大きな影響を与えるということです。私がこのことに気づいたのはちょうど私の友人が同じ会社で同じ時期にほぼ同じ借入金で同じ銀行、同じ変動金利なのに適用金利が0.25%も私より高かったことでした。つまり、たとえ銀行から借入ることができたとしても信用度で金利優遇に大きな差がでてしまうということです。銀行保証料もそうです。後から15万円ほど返金され引っ越し費用にあてることができました。ですから金利の安い銀行をさがすよりも自分の信用度を上げることがとても大事だと痛感しています。

    • 4. せっかちパパ
    • 2015年05月19日 13:39
    • >さとうさん

      大変勉強になるコメントありがとうございます。
      「就職したときから審査が始まっている」という言葉はとても心に残りました。
      確かにその通りですね。
      職業によっても審査基準が変化することを考えれば、それ以前にスタートしているのかもしれませんね。

      いずれにせよ、そういった自覚のないまま社会人生活がスタートしていることが問題ですよね。私自身もマネーリテラシーをもっと早く身につけたかったと後悔しています。
    • 5. さとう
    • 2015年05月20日 07:58
    • 私ももっと家のことを学ぶべきだったと思っていますが、この住宅ローン問題は親の責任が大きいなと思いました。実は私の親も住宅ローンで苦労していました。私が小学二年の時に家を建てたのですが自営業という不安定さもあり年々生活が苦しくなっていきました。優しかった父親の顔が鬼のように変わっていったのを今でも覚えています。結果的に完済はできたのですが家族全員かなり苦労しました。夫婦喧嘩も頻繁にありましたし、子供心に傷がつくようなことを父親に言われたことも何度もありました。私は親を恨むわけではありませんが、自分の子供が社会人になったら、人生に大きな影響を与えるこの家作りの難しさについて教えてあげるべきだと思います。ハウスメーカーの営業マンは立場上家が売れればそれでいいわけですし、銀行は滞納されたら保証会社に保証金をもらうだけなのでなかなか教えてくれません。独身の時に身の丈に合わない高い車を買ってしまったというぐらいでは人生のやり直しはききますが、貯蓄無しで子供が3人、手取りでない世帯年収400万円で4000万円の家をフルローンで買ってしまったとしたらやり直しはききません。今の低金利で銀行が自己資金無しでもどんどん貸し出している状況ではありえる話です。でも住宅ローンで苦労した親はまるで戦争に行った兵士が苦しかった戦争体験を話したがらないのと同じでなかなか教えてくれません。私は自分の子供はもちろん、これから家を買う予定の若い人と出会うことがあればできるだけ教えてあげようと思っています。
    • 6. せっかちパパ
    • 2015年05月24日 20:43
    • 〉さとうさん

      住宅ローンで人生を狂わされる方も少なくない時代ですね。
      こうしてネットが発達し情報が溢れているのに…
      正しい情報が少ないのかも知れませんね。
    • 7. さとう
    • 2015年07月27日 11:30
    • お久しぶりです。最近仕事が猛烈に忙しく遊びに行けませんでした。家作りをする前の情報の集め方ですが、私は家を購入する一年半ほど前から住宅購入に関する実用書を購入し、毎朝一ページずつ読み進めていきました。ネットで調べる方法もありますが、情報量の多さに何が自分にとって必要で正しい情報なのか整理してまとめることができないと思ったからです。住宅展示場で時々開催されるファイナンシャルプランナーの無料相談を使う方法もありますがおすすめできません。ハウスメーカーに雇われている人がほとんどで実質の営業マンになっているからです。全員がそうだとは言いませんがいかに高い家を安心して買ってもらうかに注力されている気がするのです。ですからファイナンシャルプランナーに相談するならハウスメーカーとは繋がりのない独立系の方にお金を払ってお願いするべきです。私はそんなお金も時間もなかったので実用書を一滴ずつ読むという方法を考えたのです。家を購入する時期のお父さん達は仕事でもそれなりに責任のある立場になっている場合が多いので帰りが遅く、お子さんも幼いので休日は奥さんの代わりに子供の面倒をみるため、家作りの勉強がなかなかできないまま営業マンや奥さんの言われるまま購入に踏み切るケースがありますがこれが非常に危険なのだとおもいます。高学歴で年収が高いのに返済が苦しくなるのはこのためです。特に出世されて課長や部長になればほぼ24時間営業で実質の休日無しです。ですから家作りの勉強をされるのであれば結婚して子供が生まれる前に済ませておくのが理想的です。ハウスメーカーの営業マンは不動産のプロだと思います。親身に相談にのってくれる人であれば問題ありませんが、こちらも知識武装しておさえるべきところはおさえてパワーバランスをとっておかないと悪質な営業マンの餌食になりかねません。
    • 8. せっかちパパ
    • 2015年07月27日 13:18
    • >さとうさん

      お仕事が忙しい中、訪問&コメントありがとうございます。
      さとうさんのおっしゃる通り、仕事&子育てでいっぱいいっぱいになっている中の家づくりは非常に危険だと思います。
      お金はそこそこあるが、知識はほぼ0.まさにカモがネギしょってる状態ですよね。
      とはいえ、さとうさんのようにコツコツ勉強することはとてもエネルギーがいることだと思います。ましてや子どもが生まれる前に勉強しておくというのも、当該者意識がどれほど持てるか疑問です。
      さとうさんのコメントを若い世代に是非読んでいただきたいものです。
    • 9. さとう
    • 2015年07月27日 19:06
    • 返信ありがとうございます。今まで言いたい放題話してきましたが、かく言う私は家作りで大成功したのかと言うとそうではありません。実はせっかちパパさんと同じく約700万円の予算オーバーになりました。それはなぜかというとどうしても小学校の近くに住みたかったからです。最近は幼い子供の連れ去り事件が多いのはニュースでご存知かと思います。いつも車で送迎していてその日はたまたま子供だけで帰宅させたところ連れ去られてしまったという事件があったのも最近のことです。私はこのリスクを最小限におさえたかったのです。私は元々アウトドア派で庭で人目を気にせずバーベキューが出来るようなところに憧れていました。土地も安いですしね。しかし私は家族の安全を優先することにしました。このように家作りはお金の問題だけではない難しさがあると思います。いくら安く家作りができても自然災害の影響を受けやすい土地では安心して生活できませんし、火災保険が適用されても直ぐに家が元通りになるわけでもないですしね。家作りをはじめる前の勉強の大切さは資金計画だけではないのでより重要になると思います。
    • 10. せっかちパパ
    • 2015年07月28日 12:10
    • >さとうさん

      いえいえ、言いたい放題なんて・・・
      とても参考にさせていただいていますし、考えさせられています。

      家づくりにおいて何が成功なのかは難しい問題ですよね。資金・立地・建物全てが計画通りに進められていくことは非常に稀なのだと思います。
      また、例え自身が満足いったとしても、家族にとってはどうだっかかという問題もあります。
      だからこそ、さとうさんのように行動することはとても大切なことだと感じました。

      また、内容の薄いブログですが、遊びに来がてらコメント等いただけたら幸いです。
    • 11. ブロリレ事務局より
    • 2016年05月09日 10:37
    • せっかちパパ様

      こんにちは。
      いきなりのご連絡で失礼いたします。

      私はインターネットでの経営サポートをしているインターロジックの松井と申します。
      当社は中小企業の方々のネット戦略をあらゆる角度でサポートしている会社です。
      そのひとつに「ブロリレ」というサービスがございます。

      この度、せっかちパパさんが書かれた「住宅ローン借入額の決め方教えます。年収の5倍は正直きびしい...きびしいと感じる理由は○○にあった!」
      という記事をブログリレーションというWeb上のサービスでご紹介させていただきたく、コンタクトさせていただきました。

      ブログリレーションとは、サイト訪問者にとって魅力あるブログ記事を、
      サイトのメインカテゴリであるブログコミュニティにお借りし、
      そのお礼として、アマゾンギフト券を贈らせていただくシステムです。
      (現在の記事を転用させていただきますので、新たに記事を書いていただくなどのお手間は発生いたしません。)

      対象となるサイトは、「住宅総合館」という、家づくりに関心をお持ちの皆さまが集まる、コミュニティ&住宅カタログお取り寄せサイトです。

      広島住宅総合館 ⇒ https://www.hiroshima-house.com/#blog


      詳細については改めてご案内させていただきますので、ご興味を持っていただけましたら、お手数ですが次の連絡先までご連絡ください。

      E-Mail: info@blog-relation.com

      ご連絡をお待ちしております。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL