「太陽光発電は結局お得なのか!?」というテーマでいくつか記事を書いていこうと思います。

2014年現在、各電力会社が再生エネルギー買取を中断するという動きが進んでいます。その一方で、未だ多くのハウスメーカーは太陽光発電を前面に出した売り文句が並んでいます。かなり過激なキャッチフレーズを打ち出しているメーカーでは、「太陽光発電収入で住宅ローン0(ゼロ)」などと謳っているメーカーもあります。それってどうなの…とか思うのは、私だけでしょうか。他にも10kw以上の太陽光発電を載せ、「10年間で1000万円以上儲かります。」などということも聞きます。

現在こうしたハウスメーカーを検討されている方や、買取廃止を宣言した電力会社のある地域にお住まいの方は、状況の変わりように戸惑い、ご苦労されている事だと思います。

社会的にも関心が高まっている太陽光発電ですので、今回わが家のケース(余剰買取)に限りますが、検証してみようと思いました。
10kw以上載せている全量買取制度をお考えの方にも参考していただける部分もありますので、もう一度考えるきっかけになっていただければ嬉しいです。

このブログでは、以下のテーマについて、順次記事を書きました。
それぞれクリックでそのページに飛びます。

せっかちパパがハマった太陽光発電費用の意外な落とし穴

2014年太陽光発電(余剰買取)実績■便利な管理方法教えます!

太陽光は結局儲かるの?■太陽光発電のデメリット&危険性を把握しよう!


わが家では、太陽光発電売電金が安定した収入として大変貴重な存在となっています。そんな恩恵を1年間受けてきて感じたこと・考えたことをまとめていこうと思います。