1Fトイレ

3年目を迎えるわが家の1Fトイレになります。

子どものオムツから’おまる’へ。そして、通常のトイレへ。子どもの成長の変化を一番大きく感じられたのが「トイレ」だったかもしれません。

何度もおしっこが床に落ちてしまい、その度にフキフキしました。(今でも時々ありますが…)また、トイレットペーパーが大量に出されていることもありました。

3年間のトイレの思い出を思い出すと、格闘の日々が思い出されます。その分愛着も沸いてきました。そんな1Fトイレの成功ポイントと失敗ポイントを紹介したいと思います。

わが家の1Fトイレ 成功ポイントとは…

1Fトイレ壁紙

まず大成功だと思っているのが、この壁紙です。

イルカの絵柄になっていますが、とても明るくて爽やかな雰囲気を作ってくれています。そして、何といっても良かったのが、汚れが目立ちにくいということ。

先ほども言いましたが、いろんなモノで汚れてしまうわが家のトイレですが、この壁紙のおかげで汚れが目立つことなく爽やかさがキープされています。白地だともっと黄ばんでしまうなど、不潔感がUPしてしまっていたかもしれません。また、ゴシゴシ擦っても壁紙が痛むことがないのも有り難い特徴です。

そして、壁紙の他に成功したと思うポイントがあります。

1Fトイレ窓

壁紙と同じように成功したと思う部分は、この窓になります。

この窓は積水ハウスの標準装備になりますが、自動換気システムが付いていることが良かっと感じています。こちらの窓、トイレのドアを開けると換気扇が自動で回転し始めるのです。

他社のハウスメーカーでも標準化されているかもしれませんが、積水ハウスのこの窓の換気力は非常に高いようで匂いがこもりません。次に使う人が嫌な思いをしなくていいのが最高ですよね。

わが家の1Fトイレ 失敗ポイントとは…

1Fトイレ

予算の都合上、タンクレストイレを諦めたわが家ですが、1Fトイレだけでもタンクレスにすれば良かったと後悔しています。

1Fトイレは非常に頻繁に使いますし、トイレが綺麗だと家の評価にもつながると思います。トイレを綺麗に見せるにはやはりタンクレストイレは有効な方法だと思います。

記憶によるとそれほど大きな金額の差ではなかったと思いますので、せめて1Fトイレについては見栄えにこだわってもいいかもしれません。

3年経ったわが家の1Fトイレは80点

積水ハウスロゴ


タンクレスにしなかった以外は最高のトイレだと思います。いつかリフォームするときが来たならば次は絶対タンクレストイレに挑戦したいです。

広さもこれくらいあれば十分だと思います。子どもの成長を実感できた1Fトイレはわが家にとっては家族との思い出の場所です。これからもトイレ掃除の回数が減るたびに、子どもの成長を実感していくのかもしれません。

以上、3年目Web内覧会2ヵ所目「1Fトイレ」でした。
スポンサーリンク

家計管理Blog集
▶ 他の家庭の収入や家計簿を覗いてみませんか。節約主婦&サラリーマンのお金ブログは必見

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ家づくりBlog集
▶ 積水ハウスでの家づくり注意点・お金のこと・Web内覧会など、積水ハウスオーナーさんのブログは必見


応援クリック
▶せっかちパパのやるしかない!を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

トラックバック