DSC_0005

わが家(私)が家造りで特に力を注いだリビング水族館ですが、その仕様について忍にんエビ様からお問い合わせをいただきました。

リビング水族館を作るために、家造り段階でどういったことに取り組んだのかまとめてみようと思います。

まずは地盤強化から

cf56b5d395607c64eb6f46220f340095_s

水槽を置くにあたり、まずハウスメーカーである積水ハウスが一番心配したことが地盤強化についてでした。

それはそうですよね。1t以上の重さが何十年にも渡って一か所に集中するわけですから…それに水換えを行うときは水を抜くわけで、その際には何百キロもの重さの変化があります。そうしたことから地盤強化にはかなりの手間とお金を掛けました。これについては、積水ハウスだからこそそこまで補強にこだわったと言えるかもしれません。

残念ながら写真が見つかりませんでしたが、マンホール大の杭を水槽が設置させる部分の床下に打ち込んでもらいました。

水槽部屋の仕様について

水槽下部コンクリート

水槽部屋の水槽設置前の画像です。

見て分かるように、水槽を設置する部分はコンクリートにしてあります。水槽の大きさ+10cmくらいの大きさをコンクリートにしましたが、今思えばコンクリートの範囲をもっと大きくおけばよかったと思っています。やはり何かと水が飛び散るんですよね…床板がダメージを受けないか心配です。なるべくこまめにワックスを掛ければ問題はないかもしれませんが。

水道

続いて、給水用の洗面設備です。積水ハウスで一番安い設備を付けてもらいました。ここでの反省点は、水道蛇口は二股の物を設置すれば良かったと反省しています。市販の物で二股にするものがあるのですが、わが家の水道では大きさが合わないんですよね。

この水道からマーフィード浄水器を通して水槽に注水しています。温水が使えるのが冬場の注水にはとても便利です。

排水設備について

排水溝

水槽からの排水は、この部分が下水につながっています。ここに水槽設置後の排水ホースがつなげてあり、コックを捻るだけで排水ができるようにしてあります。

排水への状況

水槽設置後の排水回りがこんな感じです。新水垂れ流し使用にしてあるので、水漏れの心配はありません。

この水槽部屋以前の水替えは、バケツでのリレー方式だったため大変便利になりました。

ただ、新水垂れ流し方式であるという油断から水を注水していることを忘れてしまい、想定以上の水替え量になってしまうことがしばしば…水道使用料金が凄いことになってしまうことがあるんです。

水槽開口部について

開口部

水槽設置前の水槽部屋からの写真です。

リビングとつながる開口部分は180(横)×60(縦)です。ちなみに水槽は180(横)×70(縦)です。あえて縦10㎝を短くとることが、リビング側から水槽がきれいに見える秘訣なのだそうです。

開口部にはガラスは入れていません。水槽面がそのままリビングとの仕切りになっています。

suisou

照明設備まで手が回らずにかなり暗い水槽ですが、徐々に改善していくつもりでいます。つもりのまま2年が経ってしまいましたが…

リビング水槽設置に向けたちょっとした奇跡

せっかちパパ

このように水槽部屋を作るうえで、知識の全くない私はあるアクアショップに相談をしました。その店長があれこれと指示をしてくれたわけですが、家造り段階では、現場監督は都度都度細かな仕様が必要になります。

私が間に入らずに直接やり取りをした方がいいということで、現場監督さんが直接店長さんとやり取りをしてくれたのですが、ここでちょっとした奇跡が起きたのです。

なんと現場監督さんが学生時代にこの店長さんの店でアルバイトをしていたというではありませんか。なんともビックリ仰天な状況に…おかげで打ち合わせはとても上手くいき、私にとってはこの上ない水槽部屋を手に入れることができました。

こんな奇跡にも支えられ、多くの方の協力により念願のリビング水族館が手に入れることができました。
スポンサーリンク

家計管理Blog集
▶ 他の家庭の収入や家計簿を覗いてみませんか。節約主婦&サラリーマンのお金ブログは必見

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ家づくりBlog集
▶ 積水ハウスでの家づくり注意点・お金のこと・Web内覧会など、積水ハウスオーナーさんのブログは必見


応援クリック
▶せっかちパパのやるしかない!を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

コメント一覧

    • 1. 忍にんエビ
    • 2016年02月22日 12:04
    • 詳細ありがとうございました。

      質問なんですが水槽部屋からのリビングへの音や温度管理、振動対策はどうしてるんでしょうか?

      それと水槽の奥行きはいくつでなんでしょうか?
    • 2. せっかちパパ
    • 2016年02月23日 17:55
    • >忍にんエビさん

      リビングへの音は全くしません。もちろん振動も全くありません。
      水槽部屋に行くともちろんそれなりの音があります。
      振動という点では子ども達が水槽をバシバシたたくので、こちらがエイに多大なストレスになっているかと思います。これがわが家のリビング水槽の欠点ですね。

      温度管理はリビングがいくら暖かくても(寒くても)水槽への影響はほとんどありません。わが家はヒーターを入れています。夜間の電気代の安い時間に水温が28℃くらいになるように温め、昼間はヒーターが稼働しない環境です。
      水槽サイズは180×90×70ですので、奥行きは90です。
    • 3. 忍にんエビ
    • 2016年02月24日 06:45
    • ありがとうございます。

      案外音とか振動しないんですね‼

      またいろいろ教えてください

      奥行き90でもプラアリ飼えるんですね‼
    • 4. せっかちパパ
    • 2016年02月24日 16:55
    • >忍にんエビさん

      はい。積水ハウスであればまず大丈夫です。
      防音性能はかなり高いと思いますよ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL