家に帰れば、積水ハウスと住宅ローン!

「積水ハウス家作り」*「赤字家計脱出」*「幼児教育」に独自の目線で切り込みます!

これまでの私の人生で本格的に節約に取り組むのは、恥ずかしい話ですが今回が初めてです。今まではただ漠然とお金を管理してきました。節約した気になって、その分別のものにお金を注ぎ込むなどは日常茶飯事でした。住宅ローンが肩にどっしりとのっかり、子供の教育費が必要 ...

展示場にいきなり行くのは「NG」いきなり展示場に行くとデメリットがいくつかあります。いろいろなデメリットがありますが、特に大きなものは以下の2つです。紹介制度が使えなくなる興味のないハウスメーカーのしつこい営業攻撃にあう可能性がある住宅展示場に行き、置いて ...

せっかちパパが営業に伝えた自己予算さっそくわが家のケースを紹介します。わが家は紹介制度を利用し、積水ハウス営業マンと接触しましたが、初めての営業の際(←2回目かも)に、「大体のご予算はおいくらをお考えですか。」と聞かれ、「頭金を含めて3000万円程度にしたいで ...

実際に賃貸から戸建てに住み替えてみて、色々感じることがあります。夢のマイホーム暮らしになり、良かったこと悪かったこと楽になったこと辛くなったこと正直もっとこうしておけば良かったと感じることも少なくありません。家にいる時間の少ない私ですら、そう感じるのです ...

いよいよ「太陽光発電は結局お得なの!?」シリーズ第3弾、最後の記事になります。この最後の記事では、最大のテーマ「太陽光発電は結局儲かるのか。」について考えてみたいと思います。前回の記事を参考に考えると、せっかちパパ家の太陽光発電による恩恵は10年間で約30万 ...

「太陽光発電は結局お得なのか!?」シリーズ第2弾です。第1弾「せっかちパパがハマった太陽光発電費用の落とし穴」を読んでから、今回の記事を読んでいただけると嬉しいです。第1弾で説明した「太陽光発電費用にかかるローン金利分を上乗せした約240万円が売電金で回収で ...

「太陽光発電は結局お得なのか!?」シリーズ第1弾です。本日は、せっかち家の太陽光発電システムの費用をせっかちパパが見落とした「落とし穴」とともに紹介します。■せっかち家太陽光発電システムスペック・4.86kw・余剰買取制度10年42円・メーカー:Panasonic■せっかち ...

「太陽光発電は結局お得なのか!?」というテーマでいくつか記事を書いていこうと思います。2014年現在、各電力会社が再生エネルギー買取を中断するという動きが進んでいます。その一方で、未だ多くのハウスメーカーは太陽光発電を前面に出した売り文句が並んでいます。 ...

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ